【感想】強みって、ご本人にとってはいたって普通のことなのです

本当にびっくりしました。

自分ではいつもやっていることが強みだって
言われて、?な感じでした。

 

特別に才能があるわけではないので、強みって言われても
自分は無いしなとずっと考えていました。

 

心配だから何度も見直してしまう

このクセがいやだったのですが

「慎重さ」という強みだということがわかって
上手くこのクセとも付き合っていけそうです。

バランスを持って「慎重さ」を生かしたいと思いました。

 

ちょうど今が繁忙期。ご提案、試してみます。

この日のK子さんのご相談は職場でのこと

営業事務として働く彼女

日々、お客様からの申込み書をチェックして
PCに入力していきます。

一旦入力すると、データが正しいのか
心配になって何度も見直してしまう

同僚と比べると仕事のスピードが少し遅くなり、
処理する書類の枚数に差が生まれてしまう。
(遅いので、他の人より処理枚数が少ない)

 

繁忙期などはイラっとされることもあり、

こんな自分を変えたいと、セッションに来られました。

 

Q:何度も見直してしまう・・・これのメリットは?

 

お客様に間違った通知が届く前にミスを修正できる
(そうですよね)

 

Q:それって、どんなメリットが?

 

お客様からクレームが少なくなる
(間違って登録されるとお客様が困りますよね)

 

Q:お客様にとっては?

 

間違いを訂正するために連絡しなくてもいい
(そうですね。連絡は手間がかかりますね)

間違っての登録でお客様に損失が発生する
(これ、イタイですね。会社にとっては信用問題)

 

彼女の持つ 「慎重さ」 のおかげでもちろんゼロとはいかないまでも
ミスは1件でも2件でも少ないのです。

 

自分で「ダメ」印をつけていると、

そのことによる恩恵には目が行きません。

 

あえてメリットを聴いてみたらどんどん出てきました。

 

K子さん、表情がすっかり明るくなっていました。

 

「確認」する回数を決めること

 

これが彼女の挑戦。
チェック回数2回にしてみるそうです

 

しばらくは違和感があるかもしれませんが
慣れてしまえば、これが普通のことになる。

 

あなたが「ダメ」印つけている性格
そこにもし、メリットがあるとしたら
それはどんなことでしょう?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください