「未完了の感情」があなたの人生を決める

「未完了の感情」とは、かつてあなたが閉じ込めてしまった感情。

その多くは子どものころの体験を通して出来上がります。

自分を取り巻く環境での出来事の中で、傷ついたり、
自分の気持ちを表現できなかったりと、さまざまな体験をします。

「もう二度とこんな思いはしたくない!」

「本音を言ったら、愛されないんだ・・・」

こんなふうに考え、そのとき感じている「感情」を抑圧していきます。

そして、

・愛されるための
・認められるための
・受け入れられるための

努力に惜しみなく力を注ぎます。

こういった「感情」の抑圧と行動パターンは無意識に繰り返され、
次第に私たちの生き方そのものとなっていきます。

もともとは生きるため(自己防衛)のために自ら作ったパターン。
それが上手く機能していた時期もありましたが、
やがてこのパターンがストレスを生むことになり
のちの人生に大きな影響を与えていきます。