【ショートワーク】Vol.5 「どうせ私は、〇〇」はいくつありますか?

「どうせ、私は〇〇なんだ」は「やっぱり、私はXXなんだ」を引き起こす。

どうせ、上手くいかない

どうせ、わかってもらえない

どうせ、認めてもらえない

どうせ、愛されない

・・・

 

自分の中に、「どうせ私は、〇〇」がいくつあるだろう?

「どうせ私は、〇〇」が、どんな結果を生みだしているだろう?

「どうせ私は、〇〇」は、いったいどこからきているのだろう?

 

「どうせ私は、〇〇」という思い込み。これが生まれたきっかけがある。

かつて、受け入れられなかった経験。否定された経験。無視された経験。

愛されたかった。大切にされたかった。のに、そうならなかった出来事。

 

そんなとき心はとても傷ついて、もう二度とこんな思いはしたくないから、

自らからシャッターを下ろしてしまう。

あらかじめ予防線を張っておけば、あの時ほど傷つくこともないだろうから。

 

そして、結果が「どうせ〇〇」の通りになったとき、こんなふうに思うのだ。

 

「やっぱり私、××なんだ」

 

この反応が自動的に何度も何度も繰り返される。無自覚で繰り返される。

繰り返されるから、イヤだと思いながらも慣れていってしまう。

慣れれば慣れるほど、やがてその人にとって「当たり前」の光景となる。

 

どうせ、上手くいかないと無意識で考えてるから、トライしない。トライしても続かない。

どうせ、愛されないと無意識で考えてるから、本音が言えない。強がってしまう。

 

自分の中の「どうせ」を疑ってみよう!

 

どんな「どうせ」を抱えていますか?

どんな「どうせ」を心の中で呟いていますか?

それがなかったら、どうなりますか? 

あなたの毎日はどんなふうに変わりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!