【セルフワーク】その人と一緒にいられるのが今だけだとしたら・・・・

あなたが眠りにつくのを見るのが 最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが 最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが 最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって 毎日繰り返し見ただろう
あなたは言わなくても 分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたら 一言だけでもいい・・・
「あなたを愛してる」と わたしは 伝えただろう

「最後だとわかっていたなら」
作 ノーマ・コーネット ・マレック/ 訳 佐川 睦

 

この詩は、我が子を亡くした母親が書いたもの。
そして、9.11のニューヨークテロの追悼集会の際、朗読され有名になりました。

私たちは自分も含め、命の期限をあらかじめ知ることはできません。

朝、「おはよう」「いってらっしゃい」のやりとりが最後の言葉となったり
些細なことで言い合いになり、怒りの顔を向けた夜が最後となったり・・・

この詩は「この毎日がずっと、永遠に続くもの」と錯覚しがちな私たちに
今、この瞬間の大切さを教えてくれます。

今日はあなたの大切な人、

一緒に暮らす家族や、親しい友だち、遠くに住む友人、そして
仲たがいしてしまった友だちや、結ばれなかった愛する人へ

目を閉じて、ゆっくりと呼吸を何度かしたら・・・こんな質問を自分にしてみましょう。

もし、一緒にいられるのが今だけだとしたら・・・私は何を伝えたいだろう?
もし、一緒にいられるのが今だけだとしたら・・・私は何を尋ねたいのだろう?

たくさん湧いてくるかもしれません。その中の一つだけを選んでみましょう。
そして、あなたのイメージしたその相手の方に伝えてみましょう。

もし、伝える人が今はもう会えないとしても・・・心の中で伝えてみましょう。

伝えてみると、どんな気持ちになりましたか?

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください