【自分を知る】5歳のあなたと出会うとしたら・・・

子どものころを覚えていますか?
 
 

あなたはどんな子どもでしたか?

どんなものが好きで、どんなものが嫌いでしたか?

 

目を閉じて、5歳くらいのころのことを思い出してみましょう。

 

どんなことが一番思い出されますか?

誰と、どこにいて、どんなことをしていたのでしょう?

 

その時のことを、今ここで思い出してみましょう。

 

目の前に映画館の白いスクリーンがあると想像して・・・

 

ハッキリ見えなくても大丈夫。

 

あなたがいた場所。季節はいつ? それは朝?昼? それとも夕方?

他に誰がいたのでしょう? どんなことをしていたのでしょう?

それとも、あなた一人ですか?

 

もしそこに居てほしい人がいるとしたら、それは誰?

 

5歳のあなたはどんな表情をしていますか?

どんなことを考えていたのでしょう?

何を感じていたのでしょう?

 

スクリーンの中の5歳のあなたを見て、

今のあなたは、何を話したいですか? 何を言いたいですか?

何を伝えたいですか?

何をしたいですか?

 
 

小さい声で声に出して、それをつぶやいてみましょう。

 

もし、近づきたくなったら、スクリーンに近づいてみましょう。

もし、ハグしたくなったら、あなたの心の手で、5歳のあなたを

そっとハグしてあげましょう。

 

今のあなたはどんな気持ちですか?

 

しばらくの間、静かにその気持ちを感じていましょう。

 
 

準備が出来たら、ゆっくりと目を開けて「今」という時間にもどってきましょう。

 

さあ、どんな発見があったでしょう?

どんなことに気づいたでしょう?

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください