【私の体験】普段の方が、よっぽど面白いよ! ・・・ってどういうこと?

お前さあ、普段の方がよっぽど面白いよ!

何でいつものお前を出さないの??

って言われても・・・普段の私って、どんな人?

 

それはある演劇ワークショップに参加していたころのこと。

どうやってそのワークショップを見つけたのか、もう覚えていないんだけど。
商業舞台(名古屋なら御園座とかね。大阪なら新歌舞伎座とかね。)
の世界で演出をしている方のワークショップに運よく参加できたのです。

 

私以外の俳優さんたちは、全てどこかのプロダクションに所属していて
私だけが飛び込み参加。
今もTVや映画、舞台で脇役として活躍している人たちばかりだった。

既にそこから気が引けてる私。だって私、何の実績もないからね。

どこの馬の骨?って思われてるんだろうな・・・

 

正直、彼らがうらやましかった。だって、堂々としているから。

堂々と演技して、堂々と失敗してるから。

 

私にはそんなこと出来ない! だって、演技下手だし、もし失敗したら、
「やっぱり、あの子ダメだね~」って思われるんじゃないかって、びくびくだった。

それでも何日かを彼らと一緒に過ごすうち、少しずつこの雰囲気に慣れてきた。

 

同じ役を何人かで演じているので、人の演技を観て、
私なら、こうするかなぁ。 と、別のやり方を考えたり。
これ、いいなあ。アイデアいただき! と、、もらったり。

 

そんなある日、彼らの中でも最も元気のいい兄さんと帰り道が一緒になった。

何の話をしていたのか、そこは覚えていないんだけど、冗談を言い合っていた気がする。

 

突然、彼が私にこう言った。

お前さあ、普段の方がよっぽど面白いよ!何でいつものお前を出さないの??

 

(私の心の声)

ええっ?? それ、どういうこと?

普段の方が、よっぽど面白いって、何が?

私って、どう見えてるんだろう???

 

その時は、笑ってごまかしたけれど、
この言葉はずっと私の心の中にくすぶり続けることになるのです。

私って、どんな人間なのか?

自分が分からず、必死になってそれを探していたころのある日の出来事でした。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください