【私の体験】失うって気づいたとき、初めて後悔したのです①

私の体験の一つをご紹介

それは婦人科検診での出来事

若いころは

「この私が病気なんてなるわけない!」

って、まったく自分の身体の心配をすることがなかった私

 

でも、大切な友達が子宮がんにかかったことで、
彼女より4つ年上の私も心配になり・・・
婦人科検診へ行くことに。

(しかし・・・あの台、何とかならないものか・・・)

 

それはさておき、

私が台から降りると、女医さんが私のお腹を押さえながら
「ここ、痛くない??」
と、一言。

う~ん、特に感じないけど・・・そう言われるとイタイような・・・
でも、女医さんが押してるからかな・・・

心の声がこんな風に会話してましたが、

「特に、痛くないですけど」

との結論となり、女医さんにそう伝えました。

 

女医さん首をかしげながらも、私の検査結果日の予約を取りました。

 

そして、結果が分かる日がやってきました。

 

特に体調も悪くないから“異常なし” ということで済むだろう
と、軽やかな足取りで病院へ

順番待ちをしていると、ようやく私の番が

「お入りください」

名前を呼ばれると、診察室ではなく、そこは小さなお部屋

えっ??なんで?? (何かいや~な予感)

そして、その予感は的中するのでした。

– 続く

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です