【私の体験】ほめられても、受け取れなかった私。低いセルフイメージ。

何言ってるんだろう・・・「よかったよ!」って
少しも良くないのに
どこを見て良いと思ってるんだろう?最悪でしょ、自分でもイヤになるくらい。

「誉め言葉」にめっぽう弱い。

私、以前はそんな人間でした。

弱いっていうのは、うれしくなってデレデレって、思わず口元がゆるんじゃう
そちらのタイプではなくて(今の私はこちらです♪)。

誉められても全くうれしくない。どう反応していいものか、いつも固まっていました。

そんなパターンが顕著に出ていたのは、舞台俳優をしていたころのこと。

お友だちや仕事場で知り合った方々が観に来てくださって、
舞台が終わり、劇場の通路で挨拶しているとき

「よかったわよ!泣いちゃったよ!」とか

「いつもと全然ちがうね~。別人みたいだったよ。」とか

今にして思えば、皆さん、とっても素敵な言葉のシャワーをたくさんかけてくれました。
私のことを知らない人だって。

でも、そのころの私、この言葉のシャワーが全くうれしくない。
何を言ってんだか、わからない。

私のことおだててるの??
もういいよ、そんな気休め。私には必要ないから。

こんなダメ芝居、お金取れないでしょ。
自分でもイヤになる・・・

お客さんが嬉しそうにお芝居の感想を話している間中、こんなことばかり
頭の中で呟いていたのでした。

「誉め言葉が受け取れない」は、私が私をどう思っているのか、どう判断しているのか

=セルフイメージ

これに大きくかかわってきます。

セルフイメージが低いと、どんな誉め言葉も称賛も受け取れないのです。

だって、自分のことだって思えないから。
誰かほかの人のことのように思えてしまうから。

私は褒められるような、称賛されるような人間ではない。
そんなことあるはずない。 が大前提にあるから

どんな言葉もウソのように聞こえてしまったり
自分でもそのように思い込もうとさえすることがあります。

固まって顔が引きつっている私を見て
みなさん、どう思っていたのかしら。

このセルフイメージと徹底的に取り組んだことで、私は今では
「ありがとうございます!!」って満面の笑みで受け取ることができるようになりました。

いえいえ、それほどでも なんて 謙遜は全くしません。

誉め言葉を受け取れるようになると、自信が湧いてきて
自信が湧いてくると、たとえ人に評価されなくても
「よくやった!」と自分自身に言えるようになり、
それが可能になってくると、次はどこをどう修正していくか
これに冷静に取り組めるようになりました。

以前は全否定だったからね。

あなたは、あなたのことが好きですか?
どれくらい好きですか?
あなたは自分のがんばりを認めてあげていますか?
どれくらい認めてあげていますか?

セルフイメージが変わると人生は大きく変化する。

これは、私自身の体験から確信を持って言えることです。

Follow me!