【マイジャーニー】失敗したくない!用意周到にセッションの準備をしていったのに・・・

どうしよう、上手くできなかったら・・・

まだ何か、足りない気がする。もっと学ばなきゃ!

 

2012年の秋に「ジャーニー」ワークと出会った私。
このワークのすばらしさを学び、体感しながら2年。

プラクティショナー資格者になる!と心に決め、必要な授業をすべて完了し、あとは実際のモニターを募り
セッションをし、ワークのレポートを書いて提出するところまでやってきました。

2年間、しっかり学び、そして仲間と練習してきた。だから大丈夫!

でも、モニターさんが決まり、セッションの日が近づいてくると、急に怖くなってきたのです。

上手くできなかったら・・・どうしよう
臨機応変に対応できるのだろうか・・・
失敗したら、最悪・・・

こんな言葉が頭の中を駆け巡るようになり、いたたまれず私は図書館に行き、心理学の本を借りまくりました。

あと一週間。できるだけ知識をつけよう。何が起きても怖くないように。慌てないように。

一週間の間、

こんなことになったら? あんなことになったら? どうする?

自分で予測できる限りの状況を想定し、それに対する対処方法をどうするか、これも考えました。

 

でも、セッション当日、不思議なことが起きたのです。

 

その日は習っている踊りの稽古が終わり、そこからセッションルームへ直行。
私鉄から地下鉄に乗り入れしているこの線は、乗れば一直線に私をそこへ連れていってくれます。

身体を動かしたのでちょうどよい疲れを感じながら、1時間ほど電車に揺られていました。

 

その時、私の身体の中心から、こんな声が聞こえてきたのです。

身体の旅・・・身体の旅・・・身体の旅・・・

ええっ? 何で? って思いました。

 

提出するレポートはジャーニーワークのいくつかのワークそれぞれを行うことでした。

ワークそれぞれに必要な数のレポートがありました。

私は「感情の旅」というワークをモニターさんにお願いしようと考えていたのでした。

身体の旅・・・身体の旅・・・身体の旅・・・

私の内側から聞こえてくるこの声は止まることなく、ずっと流れていました。

(私)
身体の旅をやりなさいってこと???

う~ん、困ったなあ。スクリプト(セッションに使う台本)は一応持ってきたけど
「身体の旅」最近あんまり読んでない・・・

どうしよう・・・

どうしようか考えこんでいるうちに、目的地の最寄り駅に着いてしまいました。

 

そこから10分ほど歩いたところにあるセッションルーム。

ルームに入り、そして私はあきらめました。自分の考えてきたことをやり通すことを。

モニターさんのお話や状態を拝見してから、その時にインスピレーションで何をするか、決めよう。

そしてモニターさんが来られました。

どうなったか、というと・・・

 

「身体の旅」ワークをしたんです!

モニターさんのお話を伺っているうち、「これは身体の旅がぴったりだ。」って、納得しちゃったんです。

そしてセッションはとても素敵な時間となりました。
たくさん泣いて、たくさん笑って・・・終わった後のモニターさんの美しさ!

今もあの出来事は私にとってはとても不思議で、そして大切なことを教えてくれました。

今、ここで起きていることに集中すること。
そして、クライアントさんと自分を信頼すること。

全てはその日、そのとき、ベストなことしか起こらない。

この不思議な一日を境に、
それまでは自信がなくて、失敗することを極度に恐れていた私は
そんな自分のくせを手放し始めたのでした。

Follow me!