【マイジャーニー】初めてのスウェットロッジは恐怖!その2

私のスウェットロッジ初体験のお話 その2

その1はこちらをご覧ください。

 

 

リーダーの男性(Kさん)に声をかけられ、簡単な説明を受けました。

何を言われたのか全く思い出せないのですが、Kさんの言葉に両目の奥に何かがすーっと流れ込んだ感覚。

(私、心に響く言葉を言われたとき、よくこんな感覚になるのです)

 
 

儀式が始まりました。

真っ赤な火を讃えるキャンプファイヤーの周りにみんなが集まり、Kさんが祈りのようなものを口ずさんでいます。
そして名前を呼ばれた順(指された順)に、並びました。

 

私は後ろの方。「イニーピー」の真ん中にはきっと焼かれた石が置かれるので
この順だと石の目の前にはならずに済む かな?

 

当時サウナも苦手だった私。熱さをダイレクトに感じるのは無理。
少しの不安と、ほっとした気持ちが入り混じったまま、
「イニーピー」の中に入りました。

 

竹で組んで、毛布でかぶせた「イニーピー」の中は
ヒヤリと地面の冷たさを感じることができて、とっても心地良い。
私の読み通り、真ん中から離れていたしね。

真ん中のくぼみを囲んでぐるりと全員が入りました。25人くらいいたのかな。

サブリーダーのYさんたちが、真っ赤に焼いた石と水の入ったバケツを運び入れてきました。

キレイな色♪

 

Yさんたちが「イニーピー」の中に入ると、扉が閉められました。

 

うそっ!!!真っ暗!! 真っ暗だよ!!

 

先まで出入り口から入ってくる陽の光があまりに美しく、それに見とれていた私には
この“何も見えない”ほどの暗さに恐怖をおびえました。

 
 

Kさんが祈りの言葉を話し、他の人が歌を歌っている中、私の恐怖はどんどんと膨れ上がってきました。

こんなにたくさん人がいるのに、なぜか世界と切り離されている感覚。
まるで無人島に一人でいるような感覚になってきたのです。

 

誰ともつながっていない・・・彼らと私の間が遮断されている・・・

 

焼いた石に水やハーブがかけられました。ブウァッと熱い蒸気が顔を覆う。

息ができない・・・

思わず持っていたタオルで口と鼻をふさぎ、熱風を直接吸い込まないようにして。

 

祈りの言葉と歌は続きます。早く終わってくれないかな・・・ひたすら願いました。

 

扉が開いて、再び陽の光が暗闇の中に差し込んでいた時、助かった・・・ ってほっとしました。

 

でも、スウェット4ラウンド(回)なんですよ。まだまだ先は長い・・・

 

誰も外に出たいとは言わないし・・・「ツラくなったら出てもいいよ」って、
Kさん言ってくれたけど、私だけそんなこと言うのイヤだし、恥ずかしいし(体裁気にしてる場合じゃないよ!)

 

さあ、再び扉が閉まり、2ラウンド目が始まりました。再び私を襲う暗闇の恐怖。

 

出たい!!助けて!! 私、出たいです!!!

 

って、どれだけ叫びたかったか。声に出したかったか。心の中で必死に叫んでたのに!

 

そして、恐怖のボルテージが一気に上がって・・・

 

私、吐きました、、、その日の朝食全て、、、

 

誰も気づいていませんけどね。それどころじゃないです。

 

「助けて!」の言葉がブツとなって、私の身体から出た瞬間、
私は一気にグッタリとして、狭い空間の中、私は横たわりました。

そこから先のことは、ほとんど覚えていないんです。放心状態だったのでしょうね、きっと。

 

長かったのか、短かったのか、放心状態の私にはわかりませんが、
4ラウンドが終わりました。ちょうど、お昼過ぎくらい。

やっとのこと外に出て、復活した私。

 

毎月1度定期的に開催しているスウェットロッジ。「また、来てね」と言われ、笑顔で返しながらも

むり、むり、むり、むり、むり、むり、むり、むり・・・

そんな言葉が心の中でぐるぐると巡っていたのでした。

 
 

そしてその日から半年間、必ず申し込むものの、当日ドタキャンを続けていた私なのでした。

 

 

Follow me!