「ありがとう」「すごいね」を受け取っていますか?

あなたはほめられたとき、どんな気持ちになりますか?

 

すごいね! ありがとう!

そんな言葉をもらったとき、どんな気持ちになりますか?

とっても嬉しくなる? 何となく、心がくすぐったい?

それとも

すごく違和感を覚えたりする?

そして、

「いえいえ。そんなことないですよ。」
「いいえ。まだまだです。」

「(ひきつった笑いのまま)・・・」

セッションの中でも、人によって色んな反応をされます。
でもほめ言葉をそのまま受け取られる方は少ないです。

どうしていいのかわからないまま、固まっている方や
笑って心の中に湧いている言葉を押し込めようとする方。

どちらにしても、こんなことが言えます。

感謝や称賛を受け取れない

それはどうしてか?

自分は

・感謝される
・称賛される

器ではない

そう考えているからです。

もちろん考えているのは自分自身。
あなたが自分をどう判断している、ここなのです。

自分は「感謝される・称賛される」器ではない

そう考えていると、その場面に出会ったとき
こんなふうに心の声がささやくことだってあります。

もし、「すごいね」「ありがとう」をそのまま受け取ってしまったら
相手に

(この人、お世辞を本気で喜んでるって思われるんじゃないか)

(この程度で喜ぶなんて、おめでたい人って思われるんじゃないか)

だから相手のほめ言葉や感謝を素直に受け取ることができません。

心の中でぐるぐる回っている疑いの声にどう答えていいのかわからず
固まってしまうのです。

私は大した人間ではない
私は役に立たない
私には能力がない
・・・

もし、あなたがほめられたり、感謝されたりしたとき
自分を否定するような言葉が心の奥から聞こえてきたら

まずは、

(ああ、自分に対してそう考えている私のがいるんだな)

と、まずは受け止めてあげてください。

そして、相手の言葉を受け取ってみてください。

受け取ろう!と心に決めて、ありがとう!

最初はもしかしたら、かなり居心地が悪いかもしれません。
慣れるまで、チャレンジしてみましょう。

慣れてくると、とても嬉しい気持ちが湧いてきます。

実は私もまったく受け取れませんでした。

すごいね! と言われても、誰のこと??という感じ。

メンタルトレーナーとこの課題に取り組んで、半年くらいすると
ようやく慣れてきました。

もし、あなたが「受け取れない」タイプなら

「受け取る」ことを自身に許してあげてください。

すこしずつ、すこしずつ。
一歩ずつ、一歩ずつ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください