「その心配はなぜ起きるの?。」可愛い子には“人生の旅”を!

おはようございます。

心のセラピスト メンタルコーチ かおりです。

人が動く季節となりました。

私の住むマンションでも、引っ越し用のトラックが止まっていて

業者さんたちが荷物を運び出す姿が。

そうだ、私も4年前に長く住んでいた土地を離れて
名古屋にやってきたんです。

前に住んでいた場所とは違い、商店街のない静かな住宅街。

引っ越してきた当初は、「夜が暗いなあ・・・」と
ホームシックにかかりましたが、
今ではもうすっかり慣れております。

思い起こせば、その昔は引っ越し魔だった私。

住んで4年ほど暮らすと飽きてしまい、
引っ越したい病がうずうずと。

ようやくそんなところも落ち着いたみたいです。

さて、今日はこちらを。

「その心配はなぜ起きるの?」
可愛い子には“人生の旅”をさせましょう!

うちの子がバイト先の人間関係で悩んでいるんです。

バイトを辞めようか、どうしようって

クライアントのKさんが、セッションに来られるようになって
しばらくの間、口にしていた言葉。

子どもが悩んでいる姿。親にとっては心配なもの。

何とかしてあげたい! 力になりたい!

そう思う気持ち、わかります。

でも、

その心配の度合が大きすぎるとき

何とかしてあげたい度合が大きすぎるとき

実は、その悩み、親御さんご本人の問題だったりします。

「どうしたの? 何かあったの?」

グチばかりで、辞めたいとは言うものの、しばらく続けているお嬢さん。

そんな彼女の悩みを何とかしてあげたいと

必死にアドバイスをするも、「それは正論だけど・・」と
反発にあうことも。

Kさんはお嬢さんの「今」に何を見ていたのでしょう?

自分の過去を知らず知らずのうちに
合わせていたことに気づきました。

娘は私とそっくり。

私が怒られてビクビクしていた当時と
彼女の今の状況が似ていたことで、
その時の自分を彼女に映していたのです。

だから心配で仕方なかった。
自分のようになってほしくないって思うあまり。
彼女の悩みを何とかしてあげたい そればかり考えて
アドバイスしまくっていました。

それがかえって彼女がつらくなる原因になっていたんですね。

(Kさん 40代主婦)

ものごとの「今」をありのままに見ること

これってとても大切なことなのです。

私たちには人生の蓄積があり(快も不快も)、
それを通して「今」起こっている出来事を見る

知らず知らずのうちに、これをしているのです。ほとんど自動的に。

う~ん、彼女の「今」の状態は、
過去の私のあの時の出来事と似ているから
あの出来事だと結果は○○となっちゃう・・・

だから、△△をすればいいんじゃないか・・・

なんて、じっくり考えたりしませんよね? 

Kさんも、彼女が学生時代のバイト先で
なかなか仕事を覚えられず、厳しい言葉をかけられて
ツラかった経験があったのです。

その体験を通して見るから、

大丈夫なのかしら・・・
辛い思いしてないかしら・・・

どんどん心配が膨らんでいくんです。

心配が膨らんでいくと、さらに杞憂が始まります。

心が折れたらどうしよう・・・やめグセがついたらどうしよう・・・

いろんな想像が始まるのです。

Kさんはお嬢さんの「今」を通して、
自分の問題に気づきました。

自分の記憶の中にあった「過去の体験」から来る
ものの見方・解釈に。

Kさんは、このことに気づいてから
お嬢さんを信頼することに意識を向けるようになりました。

そこに意識を向けだすと、これまで必死にしていたアドバイスも
ほとんどなくなり、心配も前よりぐっと減ってきました。

彼女にとってお嬢さんの悩みは、Kさん自身の問題を
浮かび上がらせてくれるギフトだったんです。

誰かのことを必要以上に心配するとき
誰かにアドバイスをすごくしたくなるとき

これは、誰の問題だろう?

こんな問いかけをしてみると、心が少し冷静になって
隠れた「私自身の問題」を見つけることができるようになってきます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください