悩みの解決は主語を「相手」から「自分」に変えること

日々悩むその原因

あの人に○○と言われたから
あの人に○○されたから

イヤな気持ちになった。
一日中不愉快になった。

 

うん、確かにイヤですよね。

忙しい時に限って、用事を頼んでくる上司とか、一言多いお局先輩とか

朝の忙しい最中、「あれどこやった?これどこやった?」と
聞いてくる旦那とか

 

「知らんがな!自分で探せ!!」 と言いたくなるのもわかります。

相手の思いやりのない言葉や行動が、私を不機嫌にさせている

こう感じるのもよ~くわかります。

でも、ここから少し視点を変えて改めて状況を見てみましょう。

「私」の態度・反応はどうだろう?

ここです。

上司に対して
先輩に対して
旦那に対して

どんな振る舞いをしましたか?

そして、その振る舞いは心で感じている「本当の気持ち」と一致していましたか?

本当はイヤなのに、不愉快なのに・・・
笑顔で答えていませんでしたか?

あなたの「心」と「行動」が不一致になるとき
そこにストレスが発生するのです。

「ええっ?でも、旦那には怒りましたけど??」

そんな声が聞こえてきそうですね。

さっきの例でいくと

「自分で探してよ!」とイライラして言い放ったあなたがいたかもしれません。

でもその「イライラ」は本当の気持ちではありません。

本当の気持ちがかなえられないから、怒りやイライラになり
相手にぶつけているのです。

では、「本当の気持ち」って何でしょうか?

あなたが感じている「本当の気持ち」
ここに気づいていくと、相手に怒りをぶつけなくても、我慢しなくても

人とのコミュニケーションがスムーズに流れ
ストレスをためることもなくなります。

さっきの朝の忙しい最中、あれこれ聞いてくる旦那さんに

「(私)今忙しくて手が離せない状態で、心に余裕がないの。
自分で探してもらえると、(私)助かるし、とても嬉しいんだけどな。」

んっ!もうっ!自分で探してよ!!って怒って相手に言うより
柔らかい言い方でしょ?

だって、
(私は)忙しくて、他のことに手が回らない
(私は)自分で探してもらえると、嬉しいし助かる

これは本当なんだから。

旦那さんの方も怒って言われるより、柔らかく断られた方が
反応も変わってくるでしょう。
↑それでも、「分かんないから、探してほしい!」と言ってくる強者もいるかもしれませんが

これって、相手に変わってほしいと願うことより
簡単なことなのです。

だって、主語は「私」をにすることで
自分自身は変わることができるから。

「相手」が主語なら、相手に気づいてもらわないと相手は変わらないのです。
たとえ相手は気づいたところで、OKをしない限り変えることはしません。

そして自分自身が変わることにはもっとメリットがあります。
それは

別の人との間で同じ状況が起こったとしても
自分自身が変化しているなら
以前のような不愉快な気持ちにならずに済みます。

イヤだなあ・・・と思い、変えた環境だったのに
新しい環境に身を置いたら、また同じような人に出会ってしまった!

こんな体験ありませんか?

自分が変わると人生そのものが変化します。

あいつのせいで・・・あの人のせいで・・・

いつも不愉快だった私が、自分の「本当の気持ち」に気づき
それを受け止め、それに従い行動をして

無理をすることなく
付き合いで浪費することなく
気を遣いすぎることなく

気のあう仲間といられる

これができるようになったのも、自分を育て直したから。

気づいたら、意識する
そして新しいやり方・あり方を育てる

これを繰り返すうちに、習慣となる。

自分を知る
自分を育てる

これって、実はとても楽しいことなんですよ。

練習して自転車に乗れるようになった気分♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください