【心のトリセツ】自分の要求を押し付けるほど、相手はイヤになる。

私、何かしたのかな・・・

何か怒らせるようなこと、言ったのかな・・・

謝った方がいいのかな・・・

 

長年の友だちとのトラブルを抱えたクライアントさんのお話。

相手から突然のLINEメッセージ。

どれだけ、私があなたのフォローをしてきたのか、わかってる?

その後はずっとクライアントSさんにとって、
不愉快なメッセージが続いてる。

 

Sさんも何度かLINEで、

もし、私が不愉快なことをあなたに言ったり、したのなら、謝ります
一度会って、話しませんか?

こんなメッセージを送ってみたものの、それに対しての返事はなく・・・

 

こんなとき、あなたはどうしますか?

相手が何を怒っているのだろう?

私の何が相手を不愉快にさせたのだろう?

 

もつれてしまった友人関係を何とか修復したい一心で
相手に必死にコンタクトを取ろうとしていたのでした。

 

こういうときって、ある程度自分の意思(会って話したい)を伝えたら、
そのあとは、相手の選択を待つ方がいいのかな、って私は思います。

というのも、相手の方は

今は話したくない

関係を修復したいと思っていない

送られてくるメッセージにそれが読み取れるから。

 

相手の気持ちになって想像してみると、
とても不愉快な思いをしているのに、顔を合わせたくないのに、

「もし、私が悪いなら謝ります」って言われると、

じゃあ、会いましょう って方もいれば、

もう、やめてほしい! 放っておいてほしい!

って思う方もいる。

 

「今は関わりたくない」という気持ちでいっぱいなのに、
何度も何度も、「会いたい」って言われると、

さらにイヤな気持ちになる。

 

そもそも、相手が嫌がっているのに、

どうしてコンタクトを取りたいと思うのか?

 

むしろ、その気持ちの裏にあるものを見つめることの方が
自分の成長、そしてこれからの人間関係にプラスになることだと思います。

 

自分の欲求をどうして通したいのか?(この場合は、会って話したい)

自分の欲求が通らないとどんな気持ちになる?

自分の欲求が通らないと、何を満たすことができないの?

 

こんな質問を自分にしていくと、「会って話をする」ということが、
相手の気持ちを考えてというより、自分の欲求を満たすため

ということが見えてきます。

 

Sさん、自分の欲求の裏にあるものに気づいたようです。

自分のことを悪く思われたくない

いい人でいたい

 

「よ~く振り返ってみたら、
これまでも本当は心の中で、相手に対する不満があったのに
我慢して、相手からイヤなことを言われても笑ってごまかしていましたね。
本当は私だって、相手に対しての不満はあったんです。」

 

時間がたって、ご縁があれば、また笑って話ができる

人間関係ってそういうものだと思います。

そして、再び笑って出会った二人は、
以前よりもっといい関係になってるんじゃないかな。

 

Come and Go

来ては去っていく、それが人間関係。

無理して追っかけない。

 

 

 

 

Follow me!