「怒り」を使って人とコミュニケーションをとると・・・

こんにちは。心のセラピスト・メンタルコーチ かおりです。

思い通りにならないから、怒りをぶちまける人
あなたの周りには、いませんか?

「怒り」を使って人とコミュニケーションをとる

例えばこんなこと。

恋人(夫・妻)が自分の言うことを聞かないから

子どもが自分の言うことを聞かないから

職場の同僚が自分の意見に同意しないから

 

こんな人もいました。

たまたま入ったお店の店員さんにぞんざいに扱われた(と感じた)

通りすがりの道、向こうから歩いてくる人とぶつかりそうになった

⇒ 暴言を吐いたり、つっかかったりする人も

 

・相手に理不尽な対応をされた(と感じる)
・相手に否定された(と感じる)
・相手が自分に従ってくれない(と感じる)

などなど、自分の思い通りにいかなかったとき

ん、もうっっ!!

思わず暴言を吐いたり、イヤミを言い続けたり、無視したり

 

私が不愉快なのは、ぜんぶあの人のせいだ! だから、

私が怒るのは当然!

 

誰しも自分の思うとおりになったらいいと思うもの。
パートナーシップや仕事、人間関係でも。

でも、なかなかそのようにはいかないから、
悩んだり、苦しんだり、イヤな気持ちになったり・・・

だから、相手にその気持ちをぶつける

これって、意識的にも無意識的にも人や状況をコントロールしたい
そしてコントロールするために「怒り」を使っているのです。

そうなると売り言葉に買い言葉、関係はどんどん悪化していきます。
やがて相手は離れていく・・・

関係が終わってしまうと、

私は悪くない。私が不愉快なのは、あの人のせい!
怒りが恨みに変わり、ずっと相手を恨み続けることになる。
そのまま心の成長は望めません。

 

Q:どうして、そんなこと言ったの?
A:〇〇さんが私(俺)の言うことを聞かないから

って、当たり前でしょ!? 相手はあなたの執事でも小間使いでもありません。
これがやがてはモラハラ、パワハラ、DVにつながっていくことも。

 

相手が「YES」と言ってくれないと、怒りを相手にぶつけがちな方へ

「怒り」で人を思い通りにしようとする。
その心の奥にある欲求と向き合うこと

まずは、

・自分にはそのパターンがあることに気づく
 

もし思い通りにいかなくて「怒り」が湧いてきたら、大きく深呼吸し

・「怒り」の下にはどんな気持ちがあるんだろう?
・相手が思い通りにしてくれないと、本当はどんな気持ちになるんだろう?

そうやって、自分の心と会話してみてください。

 

実は「怒り」は、”本当に感じていること”を隠すマントなのです。

さあ、マントの下に隠れているもの、それは何でしょう? 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です