愚痴を聞かされるって、結構つらいのです・・・

どうして、私だけが忙しいの!
大して給料もらっていないし、ボーナスだって少ないし。
少しも評価されてないのに、仕事ばかりがどんどん増える!

 

私ばっかり損してる

誰も私を認めてくれない!こんなに頑張ってるのに。

 

会うたびにこんな愚痴を聞かされていると
ツライですよね。

かと言って無下にもできないし・・・

身近な人であればなおさらのこと。

 

だから我慢して聞いてる。

 

でも途中でいやになってきて、いつの間にか聞いてるふり
頭の中で音楽流してることだって。

 

いつも愚痴を聞いてもらっているあなたへ

愚痴を吐きまくるのは、をまき散らしているのと同じ。
目には見えないけれど、愚痴に交じってその怒りや苛立ちが
目の前にいる親しい人の心を重くさせているのです。

 

じゃあ、どうすればいいの?

正解は私にはわかりません。けれど

愚痴はその場しのぎ。

その場ではスッキリするけれど
時間が経つとまた不満は溜まってくる。

そうではありませんか?

 

なら、愚痴ではなく

今の状況が変わるために、できることって何だろう?

それを考えてみてください。

もちろん、相手のあることです。そのまま通るとは限りませんが
あなたから小さな提案、アイデアを出すことも可能です。

そして、あなた自身が変わることだってできるのです。

大切な友達、パートナーetc その人の心を疲れさせないために
あなたが出来る小さなことを考えてみましょう。

 

そもそも愚痴ってる時って、どんどん「イヤな気持ち」が増幅していかない?

 

そして、愚痴を聞く側に回ることが多い方へ

「何とか力になりたい」そう感じている気持ちはとても素敵。

でも、もしあなたが我慢をしているなら、
聞いていて疲れてしまうなら

 

自分の心に正直になる時なのかもしれません。

 

愚痴が始まりそうなら、キチンとイヤを伝えること。

愚痴を聞かない → 相手をゾンザイに扱う → そんな自分は不親切

ではありません。

まずは、あなたの心の健康を第一優先。

 

心地よいコミュニケーションは
自分の気持ちを正直に伝えられる関係である

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です