「頑張る=無理をすること」じゃない。

どうなりたいのか、わからない
どうしたいのか、わからない

思考はぐるぐる回ったまま。

このままだとダメになる
なんとかしなくっちゃ!

そうやって、資格を取ったり

何かやりがいのあることを見つけようと
セミナーや習いごとに通ったり

 

スキルもアップしたし、趣味も増えたけれど

自分が少しも成長している気がしない・・・
まだ、足りないのか・・・

 

また、何かを得ようとしてがんばる。

確かにたくさんのことを学べたし
共通の趣味を持つ仲間も増えたし

楽しかった~

けれど、まだ何かが足りない気がする・・・

 

頑張らないといけない
頑張らないと自分がダメになる
だから休んでる場合じゃないんだ!

 

そんな気がしてしまう

 

これって、強迫観念。

これがベースになって何かをしているうちは
心の底から楽しむことができない。

だって、

本当にやりたいことじゃないから。

「頑張らない自分はダメ」って
自分に対して厳しいジャッジをつけて
かえって、自分をがんじがらめにしてる。

 

頑張る=無理をする って、思っていない?

もし、あなたの大切な人がツラそうな姿してたら
「それでも、頑張れ!」って言う?

 

頑張らなくても
普段当たり前のようにしていても

上手く回っていることって、結構あるよ。

それはあなたにとってとても自然なことだから
気づかないかもしれないけど。

 

何となく心が重いなあ
何となく身体が重いなあ
何となくやる気が出ないなあ

そんなときは

「頑張らなくてもいいよ」
「休んでもいいよ」

って、自分に声をかけてあげて。

 

一日中ボーッとしててもいいのだから。

「頑張り屋さん」には、最初は違和感満載かも。

 

だから「頑張らねば」がウズウズとしてきたら

 

どうしたら、心地よい?
どっちが、心地よい?

 

そんなふうに自分の身体に聴いてみて。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です