「どうして私は〇〇なんだろう・・・」自分を責めてしまうとき

仕事でミスをしてしまい、上司から厳しく怒られて・・・

ああ、どうしてこんなことができないんだろう
どうしてこんな簡単なミスをしてしまったんだろう

こんなこともできない私って、ダメな人間・・・

 

以前、こんな気持ちを抱えこんでしまったクライアントさん(S子さん)。

2年前のS子さんは仕事でミスをするたびに、
自分を責めてしまうクセを持っていました。

ミスをするたびに自分を責めて、あせってまたミスをして・・・

「仕事がつらくて、会社に行きたくないんです」

そんな彼女が同じ会社で、今ではバリバリ楽しそうに働いています。

会社に行くのがイヤで仕方なかったのに、
彼女の何が、変わったのでしょうか?

 

彼女が変えたこと。それはこの言葉。

「どうして?」 これを

「どうしたら?」

に変えたんです。

どうして~なんだろう

「どうして?」は原因を追究するときに使う言葉。
そして、それを自分に使うなら、ずっと自分を責め続けることになります。

どうして? どうして? どうして?・・・

こうしてどんどん自分で自分を追い詰めてしまい、
かえって何もできなくなります。

何もできなくなるってことは、状況は変わらないってこと。

これに対して、

どうしたら、ミスを防げるんだろう?

どうしたら、できるようになるんだろう?

このように自分に聴いてみると、どんな感覚になるでしょう?

解決策を自然と考えるようになりませんか?

 

S子さんはこのように考えるようにしたのです。

「どうしたら?」を使うことにしたのです。

 

S子さんのその後は

仕事でミスしないための自分なりの改善策を編み出し、

これまでの「全て自分がやらなければならない」という考え方が変わり

仕事の分担を上司に相談することができるようになり

「できないことはできない」と言えるようになったのでした。

言葉を一つ変えることで、考え方が変わり
新しい選択肢が増え、結果

彼女のストレスが減りました。

もし、あなたが「どうして?」と自分を責めてしまうのであれば

「どうして?」を「どうしたら?」に変えてみましょう。

あなたの中に、新しいアイデアが浮かんできますよ。

上高地9月中旬

p.s.写真は長野県上高地の9月中旬の風景。久しぶりに自然の中に。癒されました~

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です