【心のトリセツ】幸せが近づくと、急に怖くなる・・・無意識の罠。

急に不安になる・・・

職場でチームリーダーを任されたとき

大好きな人に告白され、お付き合いすることになったとき

ほんとうに、私でいいんだろうか・・・

 

あなたにはこんな経験はないだろうか?

それまで心の底から「欲しい!」「なりたい!」と願っていたことが
現実となりそうなとき

急に不安が襲ってくる。

本当に私でいいんだろうか? 他にもっと適任の人がいるんじゃないか。
もっとスキルの高い人がいるんじゃない?
ああ・・・荷が重すぎる・・・

本当の私でいいんだろうか? 私なんかでいいんだろうか?
どう考えても、私じゃ役不足のような気がしてきた・・・
お付き合いしても、すぐに別れを切り出されそう・・・

 

実は私、このパターンで何度か素敵なチャンスを逃しています。

その多くはオーディション。

運を味方につけ最終選考まで残った舞台劇。

さあ、最終選考だ!自分を存分に発揮するぞ! 

と、緊張しながらもワクワクするものなんでしょうが、私の場合

心の中からこんな声がしていました。

「ここまで来たんだから、OKよ」

「私、ここでいいかも」

当然、やる気はぐっと落ちまして・・・
そのままオーディションにも落ちまして・・・

と、こんな具合でした。

なぜか、いいところにやってくると、
自分を疑い、相手を疑い(パートナーシップでも存分に発揮してました)。

自ら幸せのチャンスを手放す この繰り返しでした。

 

これも私の心の奥底(潜在意識)のなせるワザ。
いきなりのブレーキがかかるようになっていたのです。

私はそれほどの器じゃない。私にはそんな価値はない。

私が上手くいくなんて、ありえない。問題が起こったらどうしよう・・・

こんなブレーキがめいっぱい働いていて、もちろんそれ自体に全く気付くことなく
その時の私は自分の心の声を自然なことと受け入れていたのでした。

 

セッションでもこんなパターンを持つクライアントさん(M子さん)がいました。

パートナーシップを自ら壊してしまう。

上手くいきそうになると、
「こんな私を好きになってくれるなんて」と相手を疑ってしまうパターン。

M子さんの内側から上がってくる、不安や怖れ、相手への不信感は
ほぼ自動的に発動しているので、彼女自身何だかわからないまま
漠然とした不安にまかれてしまうのでした。

私は簡単に幸せになってはいけない

人は信用できない。

セッションの中で、M子さんは自分の中にこんな思い込み(ビリーフ)を見つけました。

何が自分を突き動かしているのか?

これがはっきりわかると、無意識に引き起こされる反応がなぜ起こるのか
これもわかってきます。

思い込み(ビリーフ)は実は、その人を守るという役割があります。

過去にツライ痛みを感じたとき、もう二度と心が傷つかないでいられるように
思い込み(ビリーフ)はその後のその人の「考え方や行動」をコントロールしていきます。

守るため なのです。でも、その時は必要だったかもしれないけれど
今の人生には足かせになってしまうことも。

だから、自分がどんな思い込みを抱えているのか? これを知ることは大切。

そして、今まで自分を守ってくれていたことに感謝しながら
これからの人生、ともに手を取り合いながら新しい未来を創っていく

”手を取り合いながら” は とっても心強い!
あなたのこれからを強力にバックアップしてくれます。

もしあなたが今、幸せになる一歩手前、不安で立ちすくんでいるなら
心の中から沸き上がる「不安や怖れ」と会話してみることをおススメします。

 

 

Follow me!