【心のトリセツ】自分自身の相談相手になってみる。

もっと、人に好かれたい。もっと、出来る人になりたい。
もっと、愛されたい。もっと、幸せになりたい。
今、ここにいる自分はまだまだ未熟。

だからもっと上を目指したい!

 

こんなパワーが人を突き動かして、さまざまなスキル

・仕事のスキル
・人間関係
・外見
・お金 などなどを磨くため、努力します。

向上心ってとっても素敵。

でも、時にその向上心が自分自身を苦しめることになります。

堂々と自信にあふれているように見せてるけれど

本当は人から指摘されることを極度に怖れていたり、

本当は不愉快なのに、ニコニコ笑顔を作っていたり、

本当は助けて欲しいけれど、「がんばります!」って言ってみたり

本当は・・・本当は・・・って初めのうちは自分の「本当」に気づいているけど
そのうち、自分でも「本当」が分からなくなってしまう。

こんなことって、結構あるのです。

 

自分の気持ちがわからない・・・

わからないままでいると、心の世界はいつも灰色。
喜びはもちろん、悲しみ、怒り、そういう人間らしい気持ちを感じられなくなります。

そうならないためには、自分の表現(外)と心の中(内)を出来るだけ一致させていくこと。

これが大切です。

でも・・・
他の人に、自分の弱さや本音、悩みを打ち明けるって、勇気がいること。

ならば、まずは自分自身にそれを打ち明けてみましょう。

あなたの中にある

・本当は、辛い
・本当は、助けてほしい
・本当は、上手くできないんじゃないかとびくびくしてる
・本当は、できない人って思われそうで怖い
・本当は、そんなこと言われてすごく腹が立ってる

こういう声の一つ一つを聴いてあげましょう。

他の誰ではなく、まずはあなたが聴いてあげるのです。
「未熟」だと決めつけないで、寄り添ってあげるのです。

あなたの一番の味方は、あなた自身。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください