【心のトリセツ】”普段着”の自分を受け入れたとき、人生は変化し始めます。

自分が嫌い! だって

人に自慢できるような容姿でもない。特に自慢できるような特技もない

素敵なパートナーがいるわけでもない

もっと変わりたい! あの人のようになりたい!

変わりたい。あの人のようになりたい。 

それはどんな状態を望んでいるんだろう?

 

休日はおしゃれに決めて女子友とホテルでランチ。

スマートな仕事で、上司から絶大な信頼アリ。次期マネージャー候補とも。

パートナーとは今もラブラブ♪ 週末はドライブやスポーツ観戦に。

・・・

心密かにあこがれてるあの人のようになりたい!

でも・・・今の私ときたら、まるで正反対。 だって

 

友だちだって多くないから、SNSにリア充な自分をアップできない。

人付き合いが苦手。今の収入ではリッチなランチなんか望めない。

ずっと恋人のいない状態が続いてる。婚活だって頑張ってるんだけど、上手くいってない。

 

そんな自分を何とか変えようと、必死になっていませんか?

自分を変えたいから、自己啓発セミナーに通ったり、パワースポット巡り、占い・・・

※パワースポットや占いが悪いと言ってるのではありませんよ。

自分の中の

嫌い つまらない いたらない ダメ そんな部分が一気に洗い流されて
ピッカピカの真新しい自分に生まれ変われること。

どこかで願っていないだろうか?

 

私はそうでした。大嫌いな自分をまるっと洗い流してくれるような強烈な体験をしたかった。

だって、このままじゃいやだもん! 今すぐ人生変えたいもん!

 

でも、「変える」ことを一番に考えていた、そして取り組んでいたころは、
「こんなに頑張ってるのに、ぜんぜん変わってない!!」が感じていたことでした。

焦っていた。とにかく焦っていた。

だって周りの人はとっくにテレビや舞台で活躍しているのに、私はオーディションで落ちまくり。

このままじゃ、年だけとっちゃう・・・

焦るわなあ。

 

焦って、焦って、焦りまくって、もうどうしていいのかわからなくなってしまったとき

ひょんなことから心理学と出会うのでした。

 

ああ、これで私、すっかり変われる! 助け舟を出された感覚だったのは束の間。

「変わる」を追求することではなく、「今の自分を知る。理解する。受け入れる」ことがメインだったのです。

 

なにっ!何で今更 ”嫌いな自分” なんかを知らなきゃいけないの!

 

でも続けていくうちに、「特別でありたい自分」という思いは少しずつ減っていきました。

その代わり、私の中に芽生えてきたことは、
何でもないことに楽しさを覚えたり、嬉しくなったりしたい。これでした。

それまでは、普通でいる自分(いや、普通以下な自分)がとっても嫌だったのに、
当たり前の時間を穏やかな気持ちで過ごすことの大切さや素晴らしさを知ったのでした。

 

そして、こだわっていた仕事、何としても成功したかった「舞台女優」というこだわりが
すーっと自然になくなっていきました。

 

こだわっていた「特別な自分」を手放したことで、かえって今の自分自身の中に
思いもよらなかった魅力や才能があったことに気がつきました。

はっと気づいて口にしたことが、素晴らしいアイデア

私の声は人から「癒しの声だね」と言われる

結構器用。すぐに覚える

時々、天然なボケ ・・・etc

一つ一つ発見していきました。

そして発見したこの「今まで知らなかった私」がどんどん好きになってきました。

今の自分を好きになるから、どんどんいろんな自分を発見できる。

そしてまた好きになる。

こうなってくると、是が非でも変わりたい! という気持ちがなくなってきました。

変える必要があったのは、「自分を無視し続ける」「否定し続ける」ことだったのです。

 

あれほど毛嫌いしていた自分を好きになり、大切に思えるようになったら、
生きるのが本当に楽になりました。

だって、「自分を総とっかえしなければ」の焦りに追い詰められることがないから。

他の人と比べることも少なくなってきたから。

 

私にしかできないこと。それは・・・何かができる私。特別な私。なのではなく

私という個性を存分に楽しむこと。”普段着”の自分を楽しめること。

その人の個性が花開くとき、信頼し、される人間関係、パートナーシップが自然と入ってくるのだと思います。

 

 

 

Follow me!