【セッションの感想】心の重たい感覚がすっかりなくなってしまった。

ジャーニーセッション(継続6か月)

 

どんなお悩みがありましたか?

ときどき心がずっしりと重くなる。

これだという大きな悩みはなかったのですが、
時々自分の心がずっしりと重くなることがありました。

検診では異常はないと診断されました。

以前から心と身体の関係について興味があり、
またま本で知った「ジャーニー」というワークに興味を持ちました。

 

プログラムを続けていくことで、どんな発見がありましたか?

心の重たい感覚がすっかりなくなってしまったこと! 

本当にびっくりしました。

2回目のセッションの後にはもう重たさを感じなくなっていました。
仕事で両親の不在が多かった子ども時代。
祖父母が私の面倒を見てくれていましたが、
やっぱり親ではないから子どもの私にはとてもさみしかったんですね。

それでもわがままを言えるわけもなく、
そんなさみしい気持ちも封印していたことを思い出しました。

身体と心は繋がっていると聞きますが、まさにそれを実感しました。

 

このプログラムをどんな人に薦めたいですか?

普段から自分の気持ちを押し殺してしまう人。
我慢するくせがついてしまっている人。
押し込めている感情を解放すると、身体に入っていた力が一気に抜けて楽になります。

 

その他、自由にお書きください。

初めは心の重たさを何とか取りたいと思って始めたセッションでしたが、
自分の中に知らず知らずのうちにため込んでしまったもの
たくさんあることに気づきました。

プログラムを続けていくうちにその一つ一つを知ることができて、
誤解だと気づいたり、別の見方や相手の立場を理解することで、
両親に対する感じ方も変わっていきました。

 

Sさん48才 女性会社員 対面でのセッション

 

心と身体はつながっている。

まさにそれを感じさせてくださったセッションでした。

Sさんは明らかな悩みがあってこられたわけではありませんでした。
それでもセッションが続いていくうち、
Sさんご自身もすっかり忘れていた記憶がよみがえってきました。

「本当の気持ち」を吐き出した後の彼女の身体は
それまでのガチガチに固まっている状態から、
すーっとゆるんだのがこちらからもわかりました。

自分の感情を閉じ込めず解放することで、
閉じ込めることに使っていたエネルギーも
別のことに使うことができるようになるし、
身体も軽くなるのです。

 

Follow me!