【ご感想】感情的な物言いをする同僚に対してストレスを感じる。

 

感情的な物言いをする同僚に対してストレス

同僚に感情的にものを言う人がいて、ストレスを感じていました。
自分のミスはへらっと笑いでごまかすのですが、
人のことになると、これ見よがしにあげつらいます。
言われるととてもイヤな気分になるので、
なるべく指摘されないようにしていますが、
それでもやっぱり時々言われるんです。
他の人のことを言っているときも、その声は聞こえてくるので
嫌な気分になります。
かといって、退職するわけにもいかず、
イライラを抱えながら仕事をしていました。

<セッション後>

彼女のことが気にならなくなってきました。
というのも、彼女の声にイライラと実はびくびくしていた自分に
気づいたから。

彼女に感情的に間違いを指摘されることをとても怖れていたんですね。

「私は仕事のできない人」と思われること。
そして、そのことを大声で指摘されて、みんなに知られること。

そもそも自分が自分のことを「できない人間」だという思いがあり、
それを隠すために、必死で頑張っていた私でした。

彼女のあげつらう声は、実は私が自分自身に対して言い続けていた
言葉だということ。
これまでいかに自分を責めてきたのか、
自分の自信の無さをごまかしてきたのかを、知ることができました。

セッション、そして家でのセルフワークで、
「自分には何もない。だから人の何倍も頑張らなくては!」から
自分の経験にすこしずつですが、光を当ててあげられるようになりました。

本当によ~~く頑張ったな、私。って

自分の思いこみって実はとても根強くって、
それがあること自体、気づかないんですね。
思い込みがあることで、可能性を自分から失っていることも。

職場の同僚は、それを気づかせてくれた存在。
今では、ほとんど気にならなくなりました。

37才女性 会社員

 

きっかけは体験セッション。
すごく大きな悩みではないけど・・・受けてもいいものか・・・

そんなお気持ちで扉を開けてくださったRさん。

もちろん大歓迎です!
これしきの事で悩んでいては・・・なんて考える必要なんて
全くないのです。

もしかしたら、セッションを行ううちに、
ご自身でも今まで気づかなかった人生の手かせ足かせ(思い込み)
これらに気づくことはたくさんあります。

何となく興味がある
きっとこれはあなたの心の奥で、何かがささやいているのです。

 

Follow me!