【セッションについて】焦らないで。あなたは既に変化している。

セッションは魔法の杖ではありません。
 
「終わった後、今までとは別人のよう!」
 
こんな方はまれかなと、
クライアントさんの変化を見ていて思います。
 
それでもやっぱり、
 
一日も早く、今置かれている状況を脱したい! 
今の自分をまるっと変えたい!
 
こんな気持ちになるのは自然なことでしょう。
 
 
私も心と向き合う作業を始めたころは、
今すぐにでも、
何とかしたい!! 変わりたい!!
そんな気持ちでいっぱいでしたよ。
 
 
だからいろんなことを体験しに行きました。
 
やれば、やるだけ、早く変われるんだ! 
自分に自信が持てるんだ!
 
 
でも、物事が自分の思うように進まないとき、
 
何やってんだ!! 
この前、この問題については
セッションしてもらったばかりじゃない。
何でまた同じような気持ちになるんだろう??
やっぱり、私はダメなのか・・・
 
よく落ち込んでいました。
 
 
かおり、何年かかって今の自分を作り上げたの?
今の自分になったの?
 
 
その時の心の師匠に言われた言葉。
 
私:(何年って・・・今私、○才だから、○年か・・・)
 
 
亀の歩みだよ。少しずつ、少しずつ。
今は自分の変化がわからないかもしれないけど
1年経ったとき、2年経ったとき・・・振り返ってごらん。
 
 

そして今、そのころの私を振り返ったとき、
 
かつては、

嫌われないように
いい人と思われるように
できる人と思われるように
 
振舞いながら、心の中ではストレスがいっぱいだった
 
 
その私はほとんどなくなりました。
 
言いたいことを我慢したり
顔はニコニコ、心は不満だらけの人間関係
 
やめようと思ってやめたのではなく
自然にそれを選択しないようになっていました。
 
 
それでも日常の生活の中で、
心を揺さぶられる出来事は起こります。
満員電車の中、出入り口の真ん中で荷物を床において、
必死にスマホゲームしてる人。
 
降りるから、荷物持って、どいて~~
 
って、イラっときますけどね。
 
 
そんな、一発変換してない自分をも受け入れていく。
それが“亀の歩み”なのかなって思います。
 
 

クライアントさんも継続セッションの初めのころは
なかなか自分の変化の歩みが感じられなくて、
自己嫌悪になるときも。
 
でも、ご自分では気づかないかもしれないけれど、
実は変化が起こっているのです。
 
それは、セッション前の
何気ない会話の中や仕草の中にだって
しっかりと表れています。
 
 
大丈夫。あなたはその道の途中なんですよ。
焦らない。焦らない。
 
しっかり、じっくり、自分と向き合う方が、
本当に腑に落ちるというか
どっしりとした揺るぎないものに変わっていくから。
 

Follow me!