【感想】友達のSNS投稿がうらやましくて・・・人と比べてしまうこころ

セッション名:継続セッション

自分の中で変わってきたと思えること
周りと比較することが少なくなってきたなあと感じる。

もちろん、今もうらやましいという気持ちがあったり
くやしい!と思うこともあります。

そんなときは、瞑想をしながら、自分と会話してます。

セッションを始めたばかりのころはこれが面倒で
あまりやらなかったですが、
何のためにわざわざ継続セッションに申し込んでいるのか
それを考えてみての一言に、腹を決め
自分との会話を続けました。

自分が考えていることや思っていること
客観的に見ることは、後になって振り返ると
とても有意義な時間でした。
そのことについて次のセッションでできるから。

しばらく自分を話すこと、続けたいと思います。

 

クライアントのNさんの当初のお悩みはこちら

毎日がなんとなく過ぎているのがいやで、
アロマや料理の講座に通ったりしたけれど
かわりばえのしない日常が続いている。

同僚は楽しそうに働いているよう。

どうしても彼女たちと比べてしまい、
かわりばえのしない自分がいやになることも。

「いろんな勉強しているみたいだけど、役にたってる?」
先日言われてしまい、すごくショックだった。腹も立った。

そんな自分を変えたいと思う。

 

人と比べてしまう
周りの人がうらやましくて、自分だけが取り残された感じ

 

友達のSNSでの投稿で、家族と旅行にいきましたぁ~
今日はママ友とホテルでランチ♪
なんて記事を見ると、心の奥がなんとなくザワついてきて・・・

そして自然とわき上がるひとり言

いいなあ・・・何やってるんだろ、私・・・
なによ、自慢しちゃって! 感じわる!

ならば、見なければいいのに なのですが、
やっぱり気になるんですね。

人が何をしているのか

 

小さいころから学校の成績、スポーツの記録、
他いろんなことで比較を経験している私たち

「○○ちゃんは100点取ってるのにね・・・」

なんて、時には親からもこんな小言をもらうことだって

そっか!○○ちゃんよりテストの点が良ければ
褒められるんだ!(=愛されるんだ)

と、頑張ります。

人との比較が目安だったりするわけなんです。
わかりやすいですよね。

でも、この「比較」に慣れすぎて、
すっかり「比較」の罠に大人になってもはまっている

セッションではこの
「比較」の罠から自分自身を救い出してあげること

それには、まず 自分が自分をどう、思っているのか

これに、しっかりと向き合うことでした。

 

Nさんが自分自身にかけているダメ出しは
ご本人もびっくりするほど多かったです。

落ち込んだり、もうイヤっ!って気持ちになることもありましたが、
チャレンジし続けてくださいました。

今も人と比べることはあるけれど
「ああ、また比べてるなあ」って
客観視できるようになったNさん

そうなってくると、自分を責めることも、
比較して落ち込んだり、嫉妬することも
次第に小さく、減っていきます。

生き方が楽になるのです。

 

ホームワークもしっかり取り組んで、
始めて会ったころの力の入ったNさんが
すっかり柔らかになってきました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です