【ご感想】何か言われると固まってしまう・・・その原因は○○にあった!

※こちらは私のセッションをお客様の感想とともにご紹介しています
【セッション:ジャーニー®】

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
Q:どんなお悩みをお持ちですか?

たぶん腹が立っているんだと思うけど、固まってしまう。
何を言ったらいいのかわからない。
後になって、「ああ、言っておけばよかった」って後悔することが多い。
自分の思ったことを相手に言えるようになりたい。

Q:セッションで、どんなことを発見しましたか?

固まる原因が母との間に起こった出来事にあったこと、これにはびっくりした。

その時、いろんな感情があったんだということに気づいた。
自分ではものすごく昔のことなので覚えていなかったけど、ありありとそのシーンが浮かんできた。

Q:セッションで難しかったことはありましたか?

自分の思っていることを口にすること。
思っていることはあるのだけど、それを言葉にするって、どう言っていいのか、わからない。

Q:セッションで気づいたことをこれからどう生かしますか?

ちゃんと自分の思ったことを相手に伝えたいと思った。
その方がすごく楽。体が楽になった。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

M子さんのお悩みは誰かに何かを強く言われるとその場で固まってしまい
私じゃないんだけど・・・
と感じていても、それを口にすることができない
というものでした。

 

結果、職場では彼女は悪くないのに、上司に怒られたりすることもあり

この会社辞めたいな

そんなふうに感じていたそうです。

 

何かを強く言われると、固まってしまう
私も以前、このパターンを持っていました。

言い返せないから、立場がもっと悪くなってしまう
家に帰ってからイライラが募り、眠れなくなることも ありましたね。

 

M子さんとのセッションはまず、「感情」を感じることから

椅子に座り、目を閉じてリラックスしてもらい
最近の「固まった出来事」を思い出していただきました。

(私)
そのシーンを思い出すと、身体のなかでどこが一番反応していますか?
どこが一番気になりますか?

(M子さん)
う・・・ん、お腹

(私)
じゃあ、そのお腹にもう少し意識を向けてみましょう・・・
もし、そこに気持ちがあるとしたら、どんな気持ち?

(M子さん)
・・・怒り・・・

(私)
では、その怒りをしっかりと感じてみましょう
大きな深い呼吸で、怒りと一緒にいるように・・・

セッションはこのように進みます。

感情は層のように連なっていて、クライアントさんは自分の身体に意識を向けながら
その層一つ一つを感じていきます。

感じていけば、それは解放される。

そして、このプロセスが進んで行く中、今の彼女の状況と密接なつながりを持つ
特定の人とシーンが思い出されました。

ここから『ジャーニー』セッションでは、このシーンをクライアントさんに追体験してもらいます

追体験しながら、その時のクライアントさんが口にできなかった

「本当の思い」に気づき、それを相手に伝えてもらいます。

 

未完了を完了させる

M子さんの思い出したシーンはお母さんとの思い出

自分の思ったことを口にするとひどく怒られた幼少期

怒られたら悲しくなります。

もう二度とこんな思いはしたくない!
だから自分の思ったことは口にしない
言わなければお母さんは機嫌がいいから
いい子にしてなきゃ

そんなふうに自分の感情を抑えてしまっていたんです。

これはM子さんのこどものころのお話。
でも、この繰り返しはやがて当たり前になる。

 

大人になって、お母さんのような強い言い方をする人に対して
無意識にこのパターンが展開されていたんです。

イメージワークの中でM子さんはしっかりと「本当の気持ち」を感じて、
それをイメージのお母さんにつたえました。

 

「本当の気持ち」に気づき、口にすることで癒しが訪れる

すっかり吐き出したM子さん
その表情は最初のこわばった様子から、やわらかな表情の変わっていました。

私たちは今、自分の周りに起こっている状況に悩み、苦しみます。

でも、その多くは別のところに原因があり、そこに気づき、癒していくことで
今の自分の状況も変化していきます。

「思ったことを口にするのが難しい」

M子さんの感想

今日は最初の一歩
少しずつ、少しずつ。
慣れてくれば、それが当たり前になりますから。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です