理想と現実の自分にギャップがありすぎて・・・終わりのない評価の旅

こんにちは。
メンタルトレーナー かおりです。

理想の自分と今の自分の間に
ギャップがありすぎて・・・ツライ

こんなお悩みの方がいらっしゃいました。

理想の自分と今の自分の間にギャップがありすぎて
何とか理想に近づこうと、計画を立てたりしているけど
怠けグセがあるのか、やる気が起きない。

例えば「早起きしてこれをやる」とか
本に書いてある行動計画のやり方をまねているんですけど

1年・半年・3カ月・1カ月・1週間・1日
決めたことがほとんど実行できてないのです。

家に帰って「やらなくては」と思うのですが
エンジンがかからない状態。

やる気があって、
がんばれるときもあるのですが
結局長続きしません。

この繰り返しが1年以上も続いていて
計画したことができない自分がイヤで
自己嫌悪なんです

 

凄い!!
綿密に計画を立てられるなんて!

私には苦手な分野です。

そしてこんな経験、
私にもたっぷりあります。
クライアントさんほど綿密ではありませんが

「こうなったらいいなあ」
というイメージがあって、
そのためにスキルアップや人に会いにいっていましたよ。

行ったり、会ったりしたあとの私はやるき満々。

さあっ!行動計画だ!

ってノートを買ってきて、
取り組むんですよ。
最初はね。

でも、必ずと言っていいほど、頓挫
中途半端なノートが、家に何冊あったことか
・・・トホホ

かなりの出費だったな。

そして、こんな自分を
「なんて、ダメなやつ!!」と自分責め。

 

高い理想を持って目標に向かう、
あなたの気持ちはとても素敵。
ぜひトライしてほしいって思っています。

でも、少しだけその前に。

高い目標を掲げる、あなたの動機はなんですか?

ひょっとして、

今の自分じゃダメだから?
このままの自分では評価されないから?
このままの自分では人に認められないから?

だから、「がんばらなくっちゃ!」

これが動機になってませんか?

これが動機だと、やることが

・しなきゃならない
・変わらなきゃならない

と 「~ねばならない」の義務にしばられてキツくなる。

だって、しなきゃいけないことだらけだから。
したいことじゃないから。

そんなあなたには、まず
自分を見つめ直すこと。

あなたの人生
あなたの価値観
あなたの思い込み

これを見つめ直すこと。

ええっ? 大したことない?
特別な才能なんかない?

いいえ、それは今までのあなた一人の視点

他の視点から見ると、
それは違ったものに見えます。

違ったものに見えてくると、
そこにはこれまであなたの気づかなかった
たくさんのエッセンスが含まれている。
これからの人生に使えるものもきっとある。

というわけで、
今日はちょっとしたセルフワークをご紹介。

☆「ライフラインチャート(人生曲線)」

ライフラインチャートとは、
今のあなたまでの人生の道のりを振り返り、
グラフ化した強力なツール。

●書き方●

まずは横に左から右へと1本線を引きます。
これは年齢の線。

そして、横線の左端を中心として、
縦の線を1本引きます。
これは充実度(満足度)の線。

横線との交わりを「0」として、
上に向かうほど充実度が高く、
下に向かうほど充実度が低くなる、
という具合。

左端を何歳から始めるかは
あなたの「知りたい」年からでOK。

そこからご自身の人生を振り返って、

「このころ、充実したなあ」とか
「このころはつらかったなあ」
その時の自分の気持ちを思い出しながら、
線を引いていきましょう。

↑こんな感じ。

そして次は、充実度の高いとき、

・どんな出来事があったでしょう?
・なぜ充実していたのでしょう?
・どうして充実することができたのでしょう?

吹き出しの部分のように該当する場所にメモしてみましょう。

さらに、充実度の低い部分にも目を向けてみましょう

・なぜ充実していなかったのでしょう?

※(そこからグラフが上に上がっている場合は)
・どうやって、その(充実していない)状況を乗り越えたのでしょう?

このようにグラフの曲線を見ながら、
より深くその時の経験を掘り下げていきます。

ピックアップしたそれぞれの出来事には、

・どんなことにワクワクして
・どんなこと行動が充実感を呼ぶのか
・あなたにとって、どんなことが大切(またはイヤ)なのか

共通する価値観や行動パターンがありませんか?

そして、充実度が低→高への変化を見せたとき、そこには

・どんな人との出会いがあり
・考え方がどのように変化し
・今までとは違うどんな行動をしたのか

あなたの学び努力がありませんか?

ライフラインチャートの書き方を簡単にご説明しました。

あなたの生きてきた道。
そこには自分では気づかない宝物がいっぱいあります。
ぜひ、そんな眼差しを持ってあげてくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です