「どうせ、わたしなんて・・・」 上手くいかない自分を正当化する

「どうせ、私は選ばれない」

「どうせ、失敗するに違いない」

「どうせ、ムリだから」

・・・

かつてこんな「心のひとりごと」のオンパレードだった私

 

何かに挑戦するたびに、そしてそれが上手くいかないたびに

どうせ、わたしなんて・・・

と自分を卑下して、納得させていた

 

本当は

もう少し続ければ、ほんの少し勇気を持てば、
越えられたかもしれない壁なのに

本当は

上手くいかない原因と向き合えばいいだけなのに

 

失敗して落ち込むのが怖くて、たくさんの「どうせ」を言い訳に
自分を守ってきた感じ

 

時々、口にする「どうせ」は周りの空気を重たくさせ、
聴いてくれる友人の励ましをものの見事にへし折ってた

 

「どうせ」は便利な言葉

ひとくくりにして

・できない理由(言い訳)をつけられるから

・(しなかった)自分を正当化できるから

 

でも、本当はできない理由にしてるものはいろんな要素

・時間がない

・経験がない

・知識がない

・お金がない

こうやって分解していくと、

 

おやっ、ちょっと待てよ。

「これは何とかなるかも」

「そう感じて当たり前だよな」

と、突破口を見つけられたりする

 

自分が自分につけている「枠」、広げていくために

「今」できることを探してみよう

 

今、あなたが捻出できる時間
今、あなたができる範囲
今、あなたがわかること

・・・

これは少しの一歩でできるかもしれない

そんなことから

+- – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

最近、「わたしなんか・・・」と感じた・口にしたのは
いつですか?

そう感じる、言うことによって、どんな自分を
正当化しましたか?

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – +

 

個人セッションの詳細はこちらへどうぞ

セッション情報のページへGo

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です