【私の体験】セルフイメージが低いとどうなるのか①

今日は「セルフイメージについて私が思うこと」

 

クライアントさんとのセッションでは

 

セルフイメージ=自分が自分をどう判断・評価しているのか?

 

こちらはとても重要なテーマの一つとなります。

 

そして「セルフイメージ」については私自身、かなり苦しんだ経験があります。もちろん今も対話中。

 

 

「セルフイメージ」が現実を創っている

 

セルフイメージが高いのと低いのでは同じ出来事に遭遇したとしても

その人が感じること、判断すること、そして、その結果が大きく違います。

 

舞台女優をしていたころの私のエピソードを一つ

 

あるオーディションが決まりました。

実際に色んなシーンを演じながら、どんどん人が落とされていき、私、最後の8人に残ったんです。

 

スゴイじゃん!!ギャラ出るし♪(自主公演ではギャラはほぼ無)

ここまで来たら、役を勝ち取ろう!!

 

てなことには、ならなかったんです。

 

残った瞬間、こんなひとり言が心の中にありました。

 

私、ここでいいかな(ここで終わり)・・・妙な安堵感

 

今考えると、おいおい!! あんたね~って思いますが、そのころの私にはこれ以上は無理だったんです。

 

だって、怖いもん!

私、芝居下手だし、自信ないんだもん!

演出に望まれた通りにきっとできない

これ以上、無理・・・

 

「セルフイメージ」が低ければ新しいこと、せっかくのチャンスをつかむことができない

典型的な例ですね。

 

高い人はワクワクしながら、オーディションを見事突破し、舞台に上がるでしょう。

 

こんなんじゃダメだ!

何とか自分に自信をつけなくては!

自信がついたら、堂々としていられる

 

と思い立ち、「セルフイメージ」を上げるための努力を始めた私でした。

 

でもね、上がんなかったんですよ、これが。

 

上げようとすればするほど上げられず、だから私はダメなんだ!

さらに自分を責めたてておりました。

 

この続きは次回

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です