比較する心 ~ みんなと同じでないと不安になる・・・

こんにちは。
メンタルトレーナー かおりです。

今日は「比較」のお話

と言っても今日の「比較」は人との戦いではなく
みんなと同じでいたい「比較」です

○○ちゃんも○○ちゃんも習字を習ってるから
そろばん習ってるから
ピアノ習ってるから

と、親に泣きついておけいこ事を増やした小学生
↑これ、私です

みんなと同じじゃないと不安
みんなと同じじゃないと恥ずかしい

みんながしていることなら、私もする
みんながしていないことなら、私もしない

 

私に限らずこれ、無意識にやっている人、多いのです

こんなジョークがあるそうですよ

【豪華客船が沈没する時の声かけ】
それぞれの乗客を海に飛び込ませるにはどのように声をかければいいか?

【イタリア人】には 「海で美女が泳いでます」と伝える。

【フランス人】には 「決して海には飛び込まないで下さい」と伝える。

【アメリカ人】には 「今飛び込めば貴方はヒーローになれるでしょう」と伝える。

【日本人】には 「みなさん飛び込んでますよ」と伝える。

まさに日本人の国民性が表されているジョーク

“みんなと同じ”は ときには素晴らしい連帯感を作り出すこともあります
だから、悪いことではないんです

でも、「みんながやっているから」で判断していると判断の基準が自分でなくなり
本当に欲しいものやしたいことが手に入りにくくなります

みんなやってるけど・・・

本当にしたいことなんだろうか?

本当に欲しいものなんだろうか?

本当はどうしたいんだろうか?

こんな問いをすることを心掛けてみると
あなたが大切にしたいもの、大切にしたいこと、こだわりが見えてきます

あなたならではの あなたらしい が
花開きますように

 

PS.
○○ちゃんと○○ちゃんがやってるから
私も習った習字とそろばん

動機(人がやってるから)が動機なもんで・・・3年ほどですっかりやめております

ピアノだけは、ピアノという高いお買いものをしたので10年続きました(苦笑^^;)

Follow me!