【私の体験】何を隠そうわたくし、習い事のフェードアウト常習犯でした

こんにちは。メンタルトレーナー かおりです。

今日は私の体験を少し

習い事を途中でやめてしまう

私、この体験ハンパなく多かったです

覚えているだけでも

・演劇ワークショップ
・バレエ
・ゴスペル
・ジャズダンス
・中国胡弓
・日本舞踊
※日本舞踊は2回やめてます
3回目でやっと落ち着き15年を越えました
・ヨガ
※東京にいるころ、4か所ほどスタジオを変えました
名古屋に来てから、やっと落ち着いて続けております

だめ! もう、思い出せない!

 

周りの人がやっているおけいこ事、人から勧められておけいこ事
かたっぱしから入会していましたね

最初は楽しいんです♪

やったことないから、新鮮でワクワクした気持ち

 

でも、途中で辞めちゃうんです

面倒くさいなあ・・・今日は休んじゃおっかな・・・

そうやってフェードアウトしてました

 

せっかくお金も払って、道具もそろえながら、辞めちゃう

そしてしばらくすると、また何かを探し出してきて
入会金と月会費を払って・・・

また辞めて の繰り返し

いったいどれだけ無駄な出費したんだ??

恐ろしや~~

どうしてこうなるのか、それは私の動機にありました

変わらなきゃ! 今の私じゃダメだから、何とかしなきゃ!
自分を変えるんだ!

 

「○○しなきゃいけない」

これがベースになっていたから

強迫観念が私の行動のエネルギー源になっていたから

本当の気持ちは、別にやりたくないんです。
やらなくちゃいけないからやっていたんですね

 

部屋の掃除をしなさい!

ってお母さんに起こられて、イヤイヤながら掃除を始めるようなもの

母にバレないように適当に手抜きしながらやっていましたから、私

 

動機が「本当にやりたい」じゃないと続かないのです

そもそも「やりたい」「やらなくちゃいけない」の違いもよくわかっていなかったんです、当時は。

 

働いてもお金を使い果たし

ビンボー暇なしの状態が当たり前だった私

まるで習い事をやるために頑張って働いていたようなもの

 

こんな自分を変えたい!

いつまでも「自信のない」自分を変えるために、トレーナーと二人三脚で、心と向き合いました。

それまではずっと、足りない=不足感 と戦いながら、外に目を向けていました。

何かのスキルがあれば自信がつくんだって信じていたから

 

ようやく「やらなきゃいけない」脅迫観念から解放されてきました

時間にも余裕が出て、ゆっくり過ごすことが楽しくなりました
※以前は「暇」だと不安だったんです

 

他の人がやっていることもあまり気にならなくなりました

以前はフェイスブックの投稿とかを見るたびに

私、何やってるんだろう・・・って、落ち込んだり、焦ったりしていました

 

もしあなたが、私と同じように

周りと比べて焦りを感じてしまう
何かしないとダメなような気がしてしまう

こんな気持ちになるなら

何かを決める前に、ちょっと立ち止まってみてください

 

Q:本当にやりたいことなんだろうか?

自分の心にしっかり、尋ねてみましょう

あなたのお金と時間を大切にするために。

そしてあなたの「このままじゃダメ」と向き合ってみることをおススメします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です